読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒波を乗り越える日々。

V6(主に岡田准一)について、自分の思うままにダラダラと綴るブログです。

V6の解散説について思うこと。

岡田准一 V6 ジャニーズ アイドル 坂本昌行 長野博 井ノ原快彦 森田剛 三宅健

 

書かないほうがいいのかな、とも思ったけれど何となく書いてみる。

 

 

またV6の解散説が出た。

何回目だろう。

 

こうして過去にも何度もV6の解散説が出ているが、22年目に突入した今もV6は「V6」として活動している。

 

今回の騒動についても全く信用していないし、またなんか言ってるよレベルにしか思ってないけど、こんな記事を書いた東○ポさんには、ぜひ自分たちが適当なことを新聞一面で記事にしてしまったことを強く反省していただきたい。

 

V6は他のグループに比べれば活動は少ないかもしれない。コンサートも2年に1回だし、6人揃った冠番組があるわけでもない。だから、何も知らない人から「岡田と井ノ原だけだろ」と言われているのも何度も見た。

確かに、NHKの朝の顔と言われる井ノ原くんは凄いと思う。V6のファンではない人たちからの好感度も凄いし、知名度も高い。V6なんて知らなかった私が”イノッチ”というフレーズは知っていたくらいだから。

岡田くんも同じ。俳優というジャンルの中でもほんの一握りの人しか経験することの出来ない大河主演。そして、ジャニーズに留まらず俳優の中でも誰も果たしたことのないアカデミー賞W受賞。今年も映画づくしの1年で、そりゃテレビを見ている人からすれば、岡田准一の活躍が凄まじいと思うに違いない。そんな2人がV6という同じグループにいることは、ファンとしてすごく誇らしいし、凄いことだと思う。

 

でも、テレビやスクリーンに映ることだけが全てじゃないから。

 

坂本くんは舞台やミュージカル界で大活躍だし、長野くんは”グルメ”というジャンルでは芸能界の1.2を争うくらい食を極めている。剛くんは色んな人から大絶賛されている個性派舞台俳優だし、去年公開されたヒメアノ〜ルという映画でも大きな爪痕を残した。健くんは自らの意思で始めた手話のおかげでパラリンピックのメインパーソナリティーに就任し、また滝沢歌舞伎では先輩として圧倒的な存在感を見せつけた。

 

このようにV6はテレビだけではなく、様々な方面で活躍している人たちなのだ。

 

……あれ?

私、何が言いたかったんだっけ(笑)

これじゃ、まるでV6の凄さを自慢しているだけじゃないか。

…いや、それでいいのだ。

 

テレビで活躍するのも凄いことだし、嵐なんて尊敬の意に値するくらい大活躍のグループだ。

 

けれど、その裏では全員の仕事が少なくとも、多方面で活躍しているグループがいるということを私はもっと声を大にして言いたい。そして、そんな6人がV6として集まった時には、ものすごい力があるということを知ってもらいたい。

 

解散説はよくあることだから、”まぁ好きにしなさい。後からこの嘘っぱちの記事を書いたことを後悔するがいい”レベルだけど、どうしても聞き捨てならない一文があった。

 

「V6のメンバーは、とにかくバラバラで本当にまとまりがない。」

 

どこ情報?すぎて笑っちゃう。

 

でも、確かにバラバラといえばバラバラなのかもしれない。

 

毎回打ち合わせにはすごい時間がかかっちゃうし、性格も考え方もそれぞれが個性的。6人揃えば、ご飯を食べている人がいたり、喋っている人がいたり、寝てる人がいたり、ボーッとしてる人がいたり、歌ってる人がいたり。本当に自由だなって思う。

でも、それがV6だから。

それで21年以上もやってきているから。

だから今さら、バラバラでまとまりがないから解散。なんて事を言われても信じられるわけがない。

 

それに、岡田くんの恋愛がどうこうで解散するグループではないと私は信じている。

 

ちなみに岡田くんの恋愛については、私は賛成派だ。けれど、応援できないという人の気持ちもわかるし、ファンとして色んな意見があるのが当たり前だと思う。でも、前の記事にも書いたが、岡田准一がどれだけV6に感謝をしていて、どれだけV6を大切にしているかはみんな痛いほど知っているから。6人揃ってお兄ちゃんたちに囲まれると、いつも幸せそうに笑っている岡田くん。そんな姿を見ているから、岡田准一の恋愛が原因で解散だなんて、そんな馬鹿げた事があるはずがない。とみんなが思っていると信じたい。

 

とりあえず、前回の解散記事が出たあとには、アルバム発売とコンサートがあったらしいので、今回もその伏線だと思ってコンサート発表を待つばかりだ。